プチ整形することを検討している未成年とその保護者のための情報

プチ整形が可能な年齢のボーダーライン

一般の整形手術とは異なり、プチ整形はメスを使わずに行う施術方法です。
整形ほど費用はかからず、時間もかからず、後遺症の危険も少ないため、メイクをするような感覚でプチ整形をする女性が増えているといいます。

毎朝出かける前にアイテープでまぶたに二重を作るのは、時間もかかるでしょう。
また、アイテープを着けたり剥がしたりするというその繰り返しは、まぶたに過剰な刺激を与えてしまうのも事実です。
二重まぶたを作るなら、アイテープをはったりアイリキッドを塗ったりするよりもプチ整形の方が負担は少ないという考え方もできます。
ひと昔前の「整形は自然に逆らう行為」という考え方も、今や時代遅れになっているのかもしれません。

その一方で、おしゃれに興味を持ち始める年齢も年々下がってきており、高校生や中学生だけでなく、今や小学生のメイクも珍しくなくなってきました。
その延長でプチ整形をしたがる小学生が増えてきているのも、自然な流れともいえるでしょう。

また本人ばかりでなく、保護者の中でもプチ整形に対する抵抗感がなくなってきている傾向が見られます。
我が子に美しくなってほしいと、積極的にプチ整形を勧める保護者もいるほどです。

しかしプチ整形とはいえ、顔に施術を行うわけですから、成長期の子供にとって100%安全ということはありません。
プチ整形を本気で考えるのであれば、その施術方法や考えられる後遺症についての情報を集め、検討を重ねていく必要があるのではないでしょうか。

未成年者の間で広がりを見せているプチ整形

通常の整形よりも気軽にできるという意味で「プチ整形」というネーミングが使われていますが、無条件で誰もができるわけではありません。 特に低年齢の場合、体への負担を考慮し、施術可能な年齢を制限しています。 各美容外科医院によって多少の差はあるようですが、一般的な年齢制限のラインについて検証していきましょう。

プチ整形を行うことのできる部位とできない部位

一般的には、メスを使わない整形のことを「プチ整形」と言いますが、未成年が行う場合、施術できる部位は限られます。 また、施術をする理由によっては、低年齢層のプチ整形には否定的な美容外科医院もあるといいます。 どのような部位の、どのような施術が可能なのでしょうか。

プチ整形を行う際のメリットとデメリット

プチ整形を行うことによって得られるメリットはたくさんあります。 メリットがあるからこそ多くの女性たちが施術を望んでいるのでしょうし、その結果、実際に幸せになっている例も少なくありません。 その一方でデメリットがあるのも事実です。 施術後に後悔しないよう、起こりうるリスクについても知っておきましょう。

おすすめリンク

二重に整形するなら大阪で!

経験豊かな大阪のクリニック!二重デザインがうまいと評判です!整形費用も一挙公開しています

マッサージで目の下のたるみを解消!

プロが行うマッサージで目の下のたるみを解消!顔がワントーン明るくなると評判の施術です

ベルタ葉酸の特徴

話題のベルタ葉酸についてご紹介します。とれる栄養や、成分など特徴をチェックしてみましょう。

ベルタ葉酸で得られる効果

妊娠中、妊活中の方が知っておくべき、ベルタ葉酸の効果をご紹介します。詳しくはこちらです。

ベルタ葉酸が向いている人はどんな人?

無添加サプリを探している方、必見です!ベルタ葉酸のさまざまな成分を詳しくご紹介します。

トップへもどる