費用が安くなるメリット

病院へ行って治療を受ける時に、保険を使うと思います。 しかし保険は、適用できるケースが決められていると忘れないでください。 一般的なインプラントは保険の対象外ですが、特殊な条件を満たした時だけ保険が使えます。 安くインプラントを受けられるチャンスを、逃さないでください。

2種類の例がある

保険を使えるケースは、大きく分けて2通りあります。 自分がどちらかに該当すれば、インプラントでも3割負担になるので安心してください。 インプラントにすると、メリットをたくさん得られます。 メリットを聞くと、歯を失った時はインプラントにしたいと感じるかもしれませんね。

準備が整っている歯医者

病気や第三者が起こした事故が原因で歯を失った場合でも、設備が整っていない歯医者では保険を使ってインプラント治療を受けることができません。 前もって設備が整っている歯医者を見つけ、いざという時に訪れてください。 治療に慣れている医師だと、安心できます。

どのような時に保険が使えるのか

通常のインプラントでは、保険を適用できません。
全額が自分の負担になるので、費用が高額だと言われています。
しかし保険を適用できる場合があるので、インプラントを希望している人は諦めないでください。
ポイントは、何の目的でインプラントを行うのかという部分です。
見た目を綺麗にする目的であれば、保険の適用外になります。
しかし病気やケガを治療するためなら、インプラントでも保険を使えます。

具体的にどのようなケースになるのか、例を見ていきましょう。
まず病気や第三者が起こした事故によって、顎の骨を高範囲で失った場合です。
そして、生まれつき3分の1以上の顎の骨を失っている場合も保険の対象になるので安心してください。
それらの条件に一致しない場合は、残念ですが自費でインプラントを行いましょう。
インプラントにすれば歯を失っていても、本物そっくりの歯を入手できます。
見た目が綺麗になりますし、丈夫な面もメリットですね。

保険を使ってインプラント治療ができる歯医者は、条件が決まっています。
歯科口腔外科、または歯科の病院であることはもちろん、当直体制が整っている、医薬品や医療機器の体制が整っているなどの条件があるので、よく確認してください。
小さな歯医者では必要な体制が整っておらず、保険を使ってインプラント治療ができない可能性があります。
その場合は、別の歯医者を見つけてください。
インプラント治療に、慣れている歯医者を選択しましょう。