この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

2種類の例がある

インプラントのメリット

まず病気や第三者が起こした事故が原因で、顎の骨を広く失った場合はインプラントでも保険を適用できます。
また生まれつき、顎骨が欠損している人がいるでしょう。
そのような人や顎骨が形成不全である人も、保険を使ってインプラントができます。
インプラントは、最近人気が出ている治療方法です。

その理由は、本物そっくりの歯を使えるからでしょう。
口を開けても、周囲にニセモノの歯だと気づかれにくいです。
さらにインプラントで埋め込む歯は、他の素材に比べて丈夫だと言われています。
固い食べ物を噛んだって壊れませんし、お手入れも簡単です。
歯ブラシや歯磨き粉を使っていつも通り磨けば良いので、入れ歯のように面倒な手間は発生しません。

適用されない場合とは

逆にインプラントが使えないケースは、どのような時なのか知ってください。
虫歯や歯周病で歯を失った場合に、インプラントを使う際は自費になります。
また成長している途中で骨が吸収され、歯を失うケースもあります。
その際も保険は適用されないので、自費でインプラントを受けるか、保険を使える素材を選択しましょう。

保険を適用させるなら、入れ歯や差し歯などを選択することをおすすめします。
自分が何を優先するのか考えて、治療方法を決めてください。
ただ歯を失っている状態を、いつまでも放置することは絶対にしてはいけません。
すると傷口からバイ菌が侵入し、病気を発症してしまいます。
さらに歯を失うリスクがあると、覚えておきましょう。